編集プロダクション サイト作成





住宅ローンの滞納、競売・差し押さえの前に早期の相談を

「会社でリストラにあった」「病気になって働けなくなった」「離婚後生活環境が変わった」など、住宅ローンの返済でお悩みの方の理由はさまざまです。
だからといって、だれにも相談せずに時間だけが過ぎていくと、最終的にせっかく建てたマイホームを競売にかけられたり、差し押さえられたりしてしまいます。

“あと少し早く相談してくれたら…”

少しでも早く、相談をいただけたら、状況次第になりますが、任意売却や返済条件の変更(リスケジュール)、親子間売買、リースバック、自己破産など、解決する方法の選択肢はいろいろあるのです。


借金から解放されたい、マイホームを守りたないなら任意売却

住宅ローンが滞納した際、物件が競売で処分される前に、債権者の同意を得て所有者の意思で住宅を売却することを任意売却といいます。
ご相談いただければ、競売より高値の、市場価格で売却することが可能です。
また、売却後に残った残債務も、相談して無理のない返済方法(分割払い)に変更してもらえることが多いため、借金から解放されますし、相談次第ではそのままマイホームに住み続けられる場合もあります。


相談して早めに不安を解消! 任意売却に関するよくある質問

Q.住宅ローンの滞納を続けるとどうなるの?
滞納の1~3ヶ月で、催促状や督促状の通知がされ、さらに滞納すると一括返済を求められます。
応じることが出来ない場合、競売の申し立てを銀行が行い、滞納7~9ヶ月で裁判所の調査等が行われます。
そのまま10~12ヶ月後には、入札が始まり、市場価格よりもずっと安い価格で売却することになります。

Q.任意売却のメリット・デメリットは?
○メリット
  • 競売より高く売れる
  • 債権者により多くの返済が出来る
  • 競売と違って、滞納の末の売却と近隣にばれない
  • 残債務を無理ない範囲で返済できる
  • 競売と違い相談により、引っ越し費用も捻出できることがある

  • ○デメリット
  • 債権者全ての同意が必要
  • 保証人がいる場合は、保証人の同意も必要

  • Q.任意売却の費用は?
    任意売却にかかる費用は、通常の不動産売買と変わりはありません。
    売却した際、国土交通省の定める報酬規定のもと、仲介手数料がかかります。





    競売を回避できた、残債を少なくできた、任意売却での解決事例

    相談事例:お子様2人の4人家族 新築3LDKマンションの場合
    平成7年にマンションを購入し、住宅金融公庫(現在の住宅金融支援機構)から2500万円を借入れ、月々返済しておりました。
    その後、会社の経営悪化に伴い給料の減額やボーナスもカットされてしまい、とうとうローン返済が厳しくなりました。
    近くの不動産業者に相談をしたところ、結果は売却後も1000万ほどの債務が残る上、残債は一括返済でないと取引出来ないというものでした。そこで、こちらのホームページをみつけ、飛びつくように任意売却の相談をしました。
    物件情報が公開されてから約2ヶ月後には購入者が決定して売却契約をすることが出来ました。
    また、住宅の引き渡しが決まるまで自宅にもそのまま住まわせてもらえ、その間に引っ越しの準備をすることが出来ました。
    管理費や修繕積立金などは公庫から支払われ、持ち出しはゼロでした。
    任意売却後も債務が800万ほど残りましたが、我が家の生活状況を公庫にも理解してもらえて、毎月3000円の返済で和解することが出来ました。
    子供がまだ小さいので、任意売却をすることが出来て本当に感謝しています。

    相談事例:ご夫婦 4LDK一戸建ての場合
    一戸建ての住宅ローンが2500 万残っている状況で、長期入院をすることになってしまい返済が困難となり、こちらのサイトから任意売却の相談をしました。
    相談のタイミングも滞納してから2ヶ月と早かったため、十分に希望も聞いてもらえ、業者との交渉も有利に進めていただきました。
    物件は1,600 万円で売却でき、残債に関しては、毎月5000円を銀行に返済することでまとまりました。
    引っ越し代も不動産業者が負担してもらえ、売却後も無理のない生活を送ることが出来ています。
    任意売却をして本当に良かったです。


    任意売却の相談から解決までの流れ

    1:メール、もしくは電話相談

    2:提携不動産業者よりお客様へご相談・面談

    3:不動産仲介業者を選ぶ(専属専任媒介契約)

    4:債権者(金融機関)との相談&合意

    5:不動産の売り出し

    6:任意売却成立!


    24時間対応、守秘義務厳守!まずはお気軽にご相談ください

    任意売却を含む債務整理などの問題は、相談者の状況や環境によって大きく異なります。
    まずは、全てをお聞きした上で、最適な専門家の方から、適切な解決策をアドバイスしていただかなくてはなりません。
    そのためには、多くの専門家の連携と任意売却の専門家との相談が必要不可欠です。

    当社は、全国どこでも対応可能で、24時間受付しております。もちろん、守秘義務は厳守いたしますので、お気軽にご相談ください。相談は無料です。
    任意売却の専門家があなたからの相談をお待ちしております。
    任意売却や返済条件の変更(リスケジュール)、親子間売買、リースバック、自己破産など、いずれも迅速な相談が早期解決のカギです。

    ご相談は無料なので、まずはお気軽にご相談ください。





    このサイト集への掲載

    このサイトにリンクしていただいたページランク 3 以上、発リンク数 50 以内のサイトは新規登録フォームで登録すると即時に掲載されます。

    新着サイト

    サ イ ト 名P Rリンク
    1高松 脱毛  
    2 
    350 
    4キクイモ イヌリン 
    5 

    サイト集トップページ紹介サイト

    サ イ ト 名P Rリンク
    1RESELLSPANEL.COM 1
    2emi-odeon.com 1
    3vallee-du-trient.com 1
    4JCBカードの利用法と使い方について 5
    5christianfaithandtheuniversity.net 1

    この続きは サイト集 グループ 1 で紹介しています。

    任意売却 相談 | 任意売却、住宅ローンの延滞の無料相談

    Copyright (C) 任意売却 相談 | 任意売却、住宅ローンの延滞の無料相談 All Rights Reserved.